快適生活を支えるサプリや治療方法|疲れ知らずのイキイキライフ

不眠症の解決

眠れないその理由はもしかしたら食事が理由の場合も

錠剤

不眠症の原因として眠る前までテレビや携帯電話の画面を見続けて神経を活発化させたために眠れない状態になっているという生活習慣が理由の場合もあります。ほかに考えられる理由として、夜の食事が原因であるということもまた考えられます。 これは、食事をすると一般的に体温が上昇しますが、この状態ではなかなか眠りに入りにくいためです。きちんと胃の中の食物が消化されて体温が元に戻ることが、気持ちよく眠れるためのひとつのプロセスなのです。そのため眠る直前の飲食は避けるようにとされていますし、遅い時間に消化に時間がかかり胃に負担をかけるような食事はあまりとらないようにしたほうがいいとされています。具体的に例をあげると、揚げ物やステーキ、焼肉といった料理になります。眠れないと悩まれている方でこういったことに思い当たる方は、一度食事を考え直してみるとよいでしょう。

逆に眠りを誘ってくれるような食べ物はあるのか

では、その逆に眠りに入りやすくしてくれる食べ物はあるのか、という疑問が生まれると思いますが、そういった直接的な作用をもつ食べ物は存在しません。 ただ、アミノ酸に含まれている成分のひとつである、「トリプトファン」は摂取することで快適な睡眠への助けとなるものです。このトリプトファンは、一定の時間を経過したのちに、「メラトニン」という成分に変化します。このメラトニンは脈拍や体温、血圧などの働きを低下させ、人が睡眠に入りやすくするという性質を持ちます。そのため、トリプトファンの積極的な摂取が眠りの改善に効果があるということになるのです。 トリプトファンを多く含む食べ物には、マグロなどの赤身の魚や肉類、大豆類、乳製品などがあります。これらをできれば朝に摂取すると、夜にはメラトニンに変化しますので、眠れる環境づくりに役立つようになります。 今ではトリプトファンやメラトニンを含むサプリメントも販売されていますので、眠れない悩みを抱えている人は、これらを摂取する方法で考えてみるのもよいでしょう。